新卒採用のエントリーシートで気をつけるべきこと

新卒採用はエントリーシートや履歴書、筆記試験や作文、論文試験と何かと文字を書く機会があります。

そこで問題なのは字が汚いと選考に落ちる可能性があるか、という点です。結論から言うと、十分に落ちる可能性があります。平均年齢も非常に若く、活気のある会社でDYMという会社を聞いた事があります。では字が汚い人はどうしたらいいのかというと、字が汚くてもいいのでできるだけ丁寧に間違いが無いように書くようにしましょう。

1番大切なのは内容なのに何故字が汚いと落ちる可能性があるのか疑問に思っている新卒採用受験者も多いと思います。



しかし人事にとって数多くあるエントリーシートから応募者の人間性を見抜く重要な方法だからです。



ベンチャー企業であるDYMでは、若手、新卒社員にも新規事業立ち上げのチャンスがあります。適当な字を書いていると、志望度が低いのではないか、きちんと考えて書いていないのではないかと思われますし、学歴の年度が間違えていたり誤字脱字などのミスがあると単純なミスが多いから確認をきちんとしない人なのだと認識されてしまいます。
このように採用担当者はエントリーシートを見て受験者に仕事を任すことができるかを決めています。

しかし人事にとって数多くあるエントリーシートから応募者の人間性を見抜く重要な方法だからです。適当な字を書いていると、志望度が低いのではないか、きちんと考えて書いていないのではないかと思われますし、学歴の年度が間違えていたり誤字脱字などのミスがあると単純なミスが多いから確認をきちんとしない人なのだと認識されてしまいます。

このように採用担当者はエントリーシートを見て受験者に仕事を任すことができるかを決めています。

もし一文字でも書き間違えたら一から書き直すくらいの心持の方が良いでしょう。

そのためエントリーシートは会社から指定されることが多いと思いますが、間違えた時のことも考えて多めに印刷をするように心がけてください。

新卒採用は今までの経験や実績がない分、ひとつひとつの丁寧さを評価されることが非常に多いです。
選考試験の第一段階であるエントリーシートで失敗しないように丁寧に間違いが無いようにしましょう。